ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
賃金未払いに立ち向かう
労働基準監督署が駄目だった時

ちゃんと働いたのに賃金が支払われない、会社側がいきなり給料を下げると言ってきた等で悩んでいませんか?
会社が言ったからどうにもならない・・・等と思ってしまう方もいるかもしれませんが、それは間違いです。
労働基準法などのことを知って、賃金をちゃんと支払ってもらうという権利を守りましょう!


賃金未払い 賃金不払い サービス残業 残業代未払い 残業代不払い 請求方法 内容証明郵便
労働基準監督署が駄目だった時
労働基準監督署も内容証明郵便でも駄目だった時は、裁判所へいきましょう。
労働審判と呼ばれる、裁判所の個別労働関係民事紛争解決のための制度としてあり、審判官(裁判官)と審判員(民間人で労働問題に精通している者2名)の計3名(労働審判委員会)が審理主体となり、会社とのトラブル(賃金未払・残業手当・不当解雇など)を地方裁判所において行うものをするようになります。
審理は3回までしか行われず、3回以内に決着がつかないときには訴訟に移行されます。
金員(金利)や損害賠償や慰謝料というものは請求できない、労働者の為に労働に関する審理のみを取り扱う専門の審判をいいます。
その他に調停支払督促少額訴訟訴訟があります。


賃金 未払い 立ち向かう労働基準法上の賃金支払の原則
賃金 未払い 立ち向かう内容証明郵便の書き方
賃金 未払い 立ち向かう内容証明が駄目だった時
賃金 未払い 立ち向かう労働基準監督署が駄目だった時
賃金 未払い 立ち向かう遅延損害金・付加金
賃金 未払い 立ち向かうLink



賃金未払い 賃金不払い サービス残業 残業代未払い 残業代不払い 内容証明郵便 労働基準法 労働基準監督署 調停 支払督促 少額訴訟


一人で悩んでいても解決できないこともあります。
お早めに専門家へ相談しましょう!


残業代未払い・不払いで泣き寝入りしない


[AD] 自己破産・債務整理 探偵/調査
携帯アフィリ